Blog&column
ブログ・コラム

キャンドルの色選びについて

query_builder 2021/12/15
コラム
candles-tea-lights
基本、キャンドルは自分の好きな色で楽しく行うことが大切です。
今回はキャンドルの色選びについてご紹介していきたいと思います。

▼キャンドルの色で使用される染料と顔料について
■染料とは
ワックスに溶けて色は鮮やかに出ますが、退色しやすいという特徴があります。

■顔料とは
溶けているように見えますが、粒子まで溶けることはありません。
色がしっかり付いて、退色しにくいのが特徴になります。
顔料は、保管や使用を長期で考えている場合にオススメします。

▼キャンドルの色選びのポイント
■なんでその色を選んだのか理由を考えてみる
自分の好きな色を、なんでその色が好きなのか、理由やきっかけを考えてみるとキレイな色の組み合わせが
しっくりくることもあります。

■色相環で決める
どんな色味にしようと迷った時には、綺麗な色の組み合わせを色相環を見て決める方法もあります。

▼キャンドルの色の作り方
一度濃くなってしまうと薄くすることはできませんので、少しずつ入れていくことが色を作るコツになります。
青、赤、黄で作ることができます。

・エメラルドグリーン→青と黄色を少しずつ入れて更に少しだけ赤を入れます。
・ベージュ→黄色、赤、青を少量ずつ入れます。少し黄色を強くすると、レトロなセピア色みたいな感じになります。
・紺→青に少量の黄色を入れ、色に深みを出したい時には赤を少しだけ入れます。
・オリーブ→緑、黄色を同じ量ぐらい入れて少しだけ赤を入れます。

ハンドメイド作品の通販サイトを立ち上げ、おしゃれさに評判が集まっているDieSonneです。
灯すとまるで空想の世界に入り込んでいるような感覚さえ得られるハンドメイドキャンドルやドールアクセサリー、幻想的な
世界をつくり出し、その華麗な花姿を表現するハーバリウムなど、アイテムのバリエーションが豊富です。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE